書浪人善隆オフィシャルサイト

▼ メニュー

何かが始まる 予感の年「兎年」


新年の挨拶も年賀状もできないまま 松の内も過ぎ去り 申し訳なく沖縄の旧正月にでも寒中見舞いを急いでる 書浪人です。

今年の旧暦と「マヤ暦」やら世界の様々な暦に 「陰と陽が反転する」年とされ、日本に置ける暦に置いても「新たなる夜明け」の年とされているらしい。

確かに昨年の年末にはアメリカ西海岸でいろんな事を考えさせられる出来事に自分なりの準備が整ってないまま困惑していたが、自分を取り巻く周りは常にグルグル回っていて、偶然を必然と 奇跡を軌跡とすべての事には「意味」があり、自分に化せられているなんだかの使命を得ている事に気がつかされた。

そんな夜明けにふさわしい 今年も正月から仕事にありつけた喜びはすべての人に「感謝」の心を忘れない事を この神戸の初日の出とともに「末吉」のおみくじを固く結んだ年頭であった。

写真はお仕事をさせておただきました。「ポートタワーホテルアベスト」さまでのショットです。

ありがとうございました。

2011.01.22

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年