書浪人善隆オフィシャルサイト

▼ メニュー

墨善 (BOKUZEN) Vol.13


かれこれ7~8年前に話は遡る。

居酒屋のロゴやメニュー作りに持てる力を注ぎ込んでいた時代があった。そんな時代2000年サミット景気にわいていた沖縄では居酒屋はどんどん増加していた。また客も多かった。当時修行の身であるがゆえに十二分な活動内容ではなかったが当然する事には全力投球。馬鹿で無茶な事ばかりしていました。
その居酒屋ブームの火付け役でもある「飛梅」という那覇の久茂地界隈では名の知れた居酒屋、その他にも隣接して「鬼さん」当時「夕焼け広場」現在「亀千人」とひとつの会社が食品部として経営していた。その店舗ロゴやメニューの製作に関わっていた。そんなこんなで、那覇の激戦区状況も一変、モノレールが市民の足となり登場すると時代は新都心にも普及していく。その時期同じく「飛梅」も二号店を進出。

その「飛梅」からスタッフ全員次のステップとなる「茉莉花」へ新規居酒屋を開店した。アジアン風居酒屋「茉莉花」は創作料理や、七時までの料理全品半額などのユニークなアイディアで業績を残してきた。

そこに道路を挟んで向井側に空き店舗がタイミング良く出て、「アジアの沖縄」をイメージした「茉莉火」がこの度、目出度く今月中旬にオープンする。
もちろん両店舗とも善隆による筆文字ロゴ。

ごらんあれ、今回書き上げた沖縄の唄も看板同様に大きく飾られています。

那覇という場所が限定された居酒屋ですが、料理はこんどぐるナビでも紹介しようかと思うほどおいすぃーです。

2008.09.04

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年