書浪人善隆オフィシャルサイト

▼ メニュー

やっぱり親子で作ると楽しいです。手作り体験!!


世のお父さん達よ、「リトミック」って知ってますかー!!
「リトッミク」。最近耳にする事増えてきたこの語、知らない人にも今回知っ得情報ね!
そもそも「リトミック(りとみっく、Eurhythmics,ユーリズミックス,ユーリトミクス」
とは、その昔むかし、19世紀の終わり頃から20世紀頭にかけて、新しい教育運動としてスイスの音楽教育家で作曲家でもあったエミール・ジャック・ダルクローズさんが開発した音楽教育のひとつ。「ダルクローズ音楽教育法」ともいう。難しいね。

当時、ハンブルクなどをで、国語や美術、体育、音楽の教育を訓練や調教とかやらせるのではなく、子ども達が自ら進んで学び、その感覚を体感的に身に着けていくための情操教育、芸術教育運動、がブームとなり、ダルクローズさんは、そのために楽器の演奏訓練を早期から無理矢理にやらせるのではなく、音を聞き、それを感じ、理解し、その上で楽器に触ってみる、音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさを身体全体で味わわせ、その喜びの中で、音を出し、奏で、そこから音楽を作っていくことへの興味と音感を育んでいこうとした。これが「リトミック」。
早い話が、「おかあさんといっしょ」や「ポンキッキ」の様に音楽をたのしみ、好きに楽器に触れて、音楽で踊り、その体感から生まれる喜びや楽しみを教えていく、って事かな。

日本の音楽教育の草分け、山田耕筰も自らダルクローズさんをお手本にしていたらしいよ。

こうしたリトミック教育は、舞踏、演劇の表現能力のトレーニングにも利用され、また幼児教育、障害児教育にも盛んに取り入れられている。一部に、知育と組み合わせて英才教育としての効果を説く幼児教室や教育産業もあるが、それはリトミックの本来の趣旨にはないものである。

そんな「リトミック教室」浦添市にあり、其の名も「リトモ」イタリア語で「リズム」と言う教室。今回そこで、夏休み特別企画として、Tシャツの親子体験手作りふれあい教室?を行ないました。とにかく楽しかったです。お父さんやお母さんが一生懸命お子さんの為に考え筆を走らせる姿に、「愛」を感じました。

ご参加いただいた保護者のみなさん楽しかったです。
そしてスタッフのみなさんこの場を借りて感謝申し上げます。また企画してください。いつでも参ります。

お子さんに「リトミック」に興味を持たれた方、下記までホームページを御覧あれ、本当に楽しい教室ですよ。

こども音育ひろばリトモ
http://www.ritmonet.jp 098-866-3630

くれぐれもお間違いのない様にお願いします。

2008.07.26

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年