書浪人善隆オフィシャルサイト

▼ メニュー

琉球朝日放送で取材されました。


まずこちらをご覧ください。「気になるオセロ」
テレビ朝日系列で放送されていたバラエティー番組で使われていたタイトルなんですが力強いというか独特な文字ですよね~。この文字を書いたのが沖縄出身の浦崎善隆さんという方なんです。
実は、今 全国から注文が殺到するほど人気を集めているんです。浦崎さんの一筆にかける思いを取材しました。

独特なタッチで迷いなく筆を走らせているのは、浦崎善隆さん40歳。誰の師事も受けていない善隆さんは、「書家」とは名乗らず「書浪人 善隆」とし10年前から活動しています。

若竹作業所の館長 村田さん
「普通は、いい筆でいいものを書くというのがあるでしょ。どんなものでもこの人の手にかかれば筆にっちゃうんですよね。」テレビ番組の題字の他、店の看板などのデザインも手がけていますが、アトリエや工房などは無く、道具は、ただ一つこのバッグだけ。書いて欲しいと言われれば、全国どこへでも出向くのです。

今回、善隆さんが向かった先は・・・ 生まれ育ったふるさと石垣島。毎年この時期に行われる、トライアスロン大会でチームテイケイの監督から横断幕を書いて欲しいという依頼です。

善隆さんが書を始めるきっかけになったのが、このトライアスロン大会。市役所の職員として勤務していた頃、横断幕やTシャツのデザインなどを手がけ、それが話題となり注文を受けるようになりました。今では、書だけで生計を立てているのです。
まず、どんなメッセージにするのかを会話から生まれる印象で直感的に選び出します。善隆さんのスタイルは、下書きや書き直しをせず一気に書き上げること。モップとは思ないほどの筆さばきで仕上げていきます。

2008.04.17

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年