書浪人善隆オフィシャルサイト

▼ メニュー

まいどまいどお世話になりますみなさん!!


琉球ワールド新長田
もう、最初にここに来てから沢山の出会いと沢山の物語を受け止めてきました。今回は初心に戻るつもりで新長田のデイゴの間へ持ち込んだ全ての石灰岩と赤ガーラを展示販売しました。はじめに来たと時と何も変わらない時間がそこには流れていました。周りは時間とともに日々変化します、人もまた変わっていきます。
変わらないものは、そのままそこに変わらないまま残る、多少古ぼけても、きちんと昔からの時間を淡々と刻み続ける。そんなデイゴの間でこんな話を考えてました。人間界における時間の流れは人間自身の持つ自命で決定され、その基準が人間の心臓の鼓動なんだ!!ってね。1分間に平均60回ならその基準になろうかなと。ならばこの世に見えない世界(霊界)なら時が脈打たないなら説明がつくのかと。なら死ぬほど早ければ、人間界に逆に見えない世界も存在するのかと。人間界で100km/hは早く感じられるこれもきっとその時間が作る早さであれば、1分間にあり得ないが100万回も脈打つ生物がいたなら、光の早さで生活する生き物がこの地球いや宇宙には存在するのかと?
いやはや呆れたもんだが、この琉球ワールドデイゴの間ではこんな面白い発想が産まれる ”空間” である。一度いかれてみては いかがかな、キジムナーがいると私は感じるのだが?あまり変な事言うと、ワールド職員の「いいんちゅ」がまた眠れない夜を過ごす事になるので、ってか 短い5日間によくも沢山現れました方々、本当に感謝しています。ありがとうございました、善隆こと浦崎はこれからみなさんのおかげさまでを感謝の気持ちだけで、全国へ回りたいと意気込むきっかけになりました。いろいろ世間様を騒がす事したいです。当然悪い事ではなく、感動して頂く事で。
沢山写真を紹介したいのですが、システムを拡大できる時にご来場いただきましたお客様みなさんのお顔をご紹介させて頂きたいとおもいます。新長田へお越しのみなさんありがとうございました。

2007.06.27

2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年